スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ 炊き出しボランティア 石巻市北高・雄勝町

【9月6~7日 石巻市北高・雄勝町 スタッフ9名】

石巻市北高飯野川 仮設住宅炊き出し

 北高飯野川仮設住宅は今回で2度目です。東北も残暑が続いていました。午後2時30分ごろ現地に到着し、夕方子供達が帰ってくるので早速準備にとりかかります。まずはフランクフルトから炊き出しです

DSC_0111_20111025011249.jpg

DSC_0136.jpg

今夜のメインメニューは焼きそばです。石巻市は焼きそばが有名な所です。

DSC_0140.jpg

 仮設住宅では隣同士でも見知らぬ方々が生活しておられます。少しでもコミュニティーの場になればと思い、テーブルと椅子を用意してビールやジュースで野外飲食風にセットしました。

DSC_0144.jpg

大阪からボランティアに来られてた方も応援にきてくれました!こちらでは子供たちにジュースとお菓子を配ってもらいました。

DSC_0150.jpg 

今回初メニューの焼き鳥です。煙が凄くて大変でした。約400本を焼きスタッフは汗だくでした。

DSC_0151.jpg

炊き出しメインメニュー焼きそばを約200食スタッフ4人がかりで焼きます。具財はキャベツと豚肉です。焼き上がったら、青のりと紅生姜をのせてお一人お一人に声をかけて、手渡します。

DSC_0152.jpg 

5時をすぎたころ大人の方々が帰って来ました。あっという間に列ができ、焼きそばなので時間かかって待たせてしまいました。次回は待たなくてもお渡し出来る方法を考えてきたいと思います。

DSC_0159.jpg
 
スタッフの膝に乗って宿題です。ここ北高飯野川仮設は雄勝小と船越小の子供たちが生活しています。スタッフのそばにずっと居ます。生活事情はわかりませんが、きっと寂しいのでしょう。

DSC_0173.jpg 

私達が炊き出しをしている場所は仮設住宅集会場の前です。日頃集会場はカギがかかっていますが、炊き出しなどがあると開けています。集会場で楽しそうにお菓子を食べながらトランプやゲームをしています。震災前はあたりまえの日常だったのでしょうが、生活が一変してしまい子供たちも耐え忍んでいる様子です。


■ ボランティア2日目 雄勝町仮設住宅へ

DSC_0200.jpg

DSC_0212.jpg

今回は、お米をもって雄勝町の水浜仮設住宅へお邪魔しました。茨城一組内のお寺やご門徒のみなさんから提供していただいたお米です。
こちらの仮設住宅は30世帯弱の方が生活されていますので、その分をお届けしました。後で聞いたのですが、近隣にも自宅にて避難生活を送られている方も数世帯あるとのことでしたので、次回はもう少し多めに用意して、その方々にもお配りしたいと思います。

DSC_0232.jpg

DSC_0235.jpg

暑さの厳しい中での炊き出しでしたが、私たちもそうなることを予想して、冷たいおうどんを用意していきました。
徐々に仮設住宅におられる方々も、昼間はお仕事などに向かわれていて、昼食に合わせた炊き出しの需要が少なくなってきているようです。次回からの炊き出しは、みなさんが戻られる夜に変更していく必要もあるようです。

DSC_0240.jpg



DSC_0243.jpg

こちらの、焼きおにぎりとたこは炊き出しをしている私たちへと仮設住宅にお住まいの方から頂きました。驚くほどの美味しさにスタッフ一同感謝するとともに、お互いの距離がぐっと近づいたことを感じるひとときでした。

スポンサーサイト
プロフィール

茨城1組

Author:茨城1組

◆このブログについて

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。