スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆炊き出しボランティア

【5月11~12日 石巻市・雄勝町にて炊き出し スタッフ9名】

今回は3箇所での炊き出しです
仙台教務所から1人と四国教区からボランティアにこられていた3人の方が初日の炊き出しに応援に来てくださいました!

お昼の炊き出しに合わせるので、今回も出発は4:30。

DSC_0011.jpg

■まず、最初の場所は石巻市鹿妻にあるガソリンスタンドにて
(当初、隣のドラッグストアーで炊き出しをするよう行政から指示がでていたのだが現地へ到着してみると、復旧作業の真っ最中であった。
行政は現場での動きを把握していないようである)

DSC_0015.jpg

DSC_0022.jpg

DSC_0055.jpg

DSC_0065.jpg

前回までは、避難所での活動でしたが、今回炊き出しを行ったのは
海から200~300Mという場所で
周りの建物を見渡すと、1階は完全に津波にのまれたような跡がありました。
この地に入った瞬間に、とても強烈な匂いに襲われました。

自宅を片付けにこられている近隣の住民の方や
そのお手伝いをされているボランティアの方に
けんちん蕎麦をお昼として召し上がっていただきました!
けんちん蕎麦は茨城の郷土料理です!

DSC_0047.jpg

DSC_0038.jpg

炊き出しの隣では、車に詰め込んだ衣類やお菓子などの物資を提供。
自宅避難をされている方には、まだまだ物資不足の状況が続いています。
また、今回は小さいお子さんに配れるような靴も用意してきました。

DSC_0073.jpg

DSC_0081.jpg

DSC_0092.jpg

この鹿妻という地域は1番復旧の手が遅れているようで、ライフラインなども整っていない場所が多く見られました。
街のいたるところには、いまだに津波によって流されてきたものが散乱し
車やトラック、船などといったものが、家屋などに覆いかぶさった状況です。

同じ石巻市でも地域によってだいぶ差があるようです。

そんな中、自宅などの片付けをされている方がたくさんおられました。

1人の方から聞いた言葉が非常に印象的です。
「昼間はこうして、前をみて体を動かしているときはいいのですが
夜になると、一気に不安が押し寄せ、とても辛いです」と。

■16:00 場所を移動して、石巻女子高玄関前にて炊き出し

DSC_0094.jpg

DSC_0099.jpg

こちらの避難所には約100名ほどの方が避難されていました。
また、現在この校舎は石巻女子高校と石巻女子商業高校とが共同で利用。
近隣にお住まいの方も、鍋を片手に来ておられました。

2箇所の炊き出しでこの日用意した500食が終了。
片づけが終わったのが午後7時を過ぎた頃でした。

その後、宿泊場所となる石巻専修大学グランドに移動し、就寝。

翌日分は、次回に!

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

茨城1組

Author:茨城1組

◆このブログについて

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。