スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ ボランティア活動 飯野川高・雄勝町

【11月8~10日 飯野川高・雄勝町 スタッフ5名】

今回のボランティアはスタッフが5名と小規模でしたので、炊き出しをせずに、主に生活物資の運び込みと、お子さんが大勢いる仮設住宅では、ベンチなどを作って子どもたちが遊んだり、コミュニティーの憩いの場となればいいなとの思いで、活動してきました。

DSC_0374.jpg

水浜の仮設住宅へ向かう、雄勝町の中心部。行き場のない瓦礫の山があちこちに点在したままである。

DSC_0392_20111130112821.jpg

水浜仮設住宅の目の前の海岸沿い。震災当初のままの状態で、なかなか道路などの整備が追いついていない。ようやく道路沿いには街灯が設置された。

DSC_0395.jpg

11月に入り、寒さも本格的になり、これから長い冬が訪れる。仮設住宅では、寒さを防ぐには不十分であり、ちょうど私たちがお邪魔した時には、2重サッシや断熱材などによる補強工事が行われていた。作業をされている職人さんは全て関西から来られている方々であった。

DSC_0417.jpg

今回、私たちがまず用意したものはファンヒーターである。一世帯ひとつずつではあるが、少しでも寒さが和らげばと思う。

DSC_0421.jpg

今回もお米を用意し、みなさんにお渡ししました。また、洗剤などの生活用品も必要だと伺っていたので、今回少しではありますが用意してみました。非常に助かるとおっしゃっていました。買い物に出るにもなかなか思うようには出来ない現状のようです。

DSC_0425.jpg

ご在宅のお宅には、直接、声をかけてファンヒーターを届けました。

DSC_0430.jpg

近隣にお住まいの自宅避難の方々にも物資の提供をさせていただきました。自宅避難の方にはなかなか物資が回ってこないというケースが多いとのことです。

DSC_0443_20111130113036.jpg

物資などが配り終わると、集会所では数人の女性方が私たちの夕飯をご用意していてくださり、有り難くご馳走になりました。食事をしながらゆっくりと会話ができ、大変貴重な時間でした。

DSC_0468_20111130113036.jpg

2日目、飯野川高仮設住宅を訪ね、テーブル5台、ベンチ12脚を作製しました。

DSC_0473.jpg

材料を茨城で用意していき、現地での組み立てです!なんとかしっかりとした物が完成!

DSC_0484.jpg

作業中は少し雨にも降られましたが、ベンチなどが完成し、空を見上げると大きな虹がかかっていました。

また、奥に見える体育館では雄勝の中学生たちが雄勝太鼓の練習をしていました。
 5日に石巻中学校の生徒たちが、JR東京駅の駅舎屋根に雄勝町のすずり石が使われている縁から、同駅構内にて演奏をしました。伝統芸能「伊達の黒船太鼓」は、津波で和太鼓を失い、現在は廃タイヤにテープを貼った太鼓を使用しています。その太鼓の音が仮設住宅まで鳴り響き、様子を少し見学させていただきました。

DSC_0494.jpg

DSC_0505_20111130113148.jpg

集会所前に出来上がったベンチを並べていると、ちょうど学校から戻ってきた子どもたちが私たちに声をかけてきて・・・

DSC_0511_20111130113147.jpg

お菓子やラムネを手にとり、さっそくベンチに腰をおろして、おやつタイム!

DSC_0518.jpg

その後も子どもたちは、暗くなるまでベンチのところで遊んでいました。だいぶ気に入ってくれたようです!

近々、焼肉パーティをする予定があるそうで、ちょうどよかったと喜んでいました。

 今回は、物資をいろいろと何が必要か事前にお聞きしてお届けしました。海のかたずけや、少しでも早く海で養殖ができるよう毎日の作業に悪戦苦闘しておられます。朝早くから暗くなるまで海にいるのため、往復何時間もかかて買い物に行く時間がないと話していました。そのため生活物資はとても助かるそうです。まだまだ不便で過酷な生活が強いられています。




関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

茨城1組

Author:茨城1組

◆このブログについて

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。